税金の滞納はおまとめローン審査に悪影響をおよぼすのか

おまとめローンを申込む際、当然審査を受けることになります。
もしも申込者が税金の滞納をした経験があるとしたら、審査に不利に働くのでしょうか。
それをお伝えしたいと思います。

主に心配な点は2つ考えられます。
事故情報と提出書類です。
まずは前者の事故情報についてですが、これはおまとめローン審査とは関係ありません。
事故情報には税金に関する情報はのりません。
国民年金や国民健康保険を滞納していたとしても、事故情報として反映されることはありません。
一般に公共団体から請求されるお金についてはおまとめローン審査と無関係と捉えておいて問題ありません。

次に後者、書類についてです。
おまとめローンは性質上高額の借入になりますので、収入証明書を提出することになります。
収入証明書として使えるのは給与明細書、源泉徴収票、納税証明書などです。
どれを提出しても構わないので、納税証明書を避ければ滞納がばれることはありません。
つまりこちらについてもおまとめローン審査とは実質無関係と言えます。

上記2つ、どちらも問題ないことが分かったと思います。
税金の滞納があったとしてもおまとめローン審査に影響はありませんが、そもそも滞納しないように気を付けましょう。