カードローンの返済を延滞した場合

何らかの理由で今現在カードローンを利用している人も多いのでしょうが、延滞した場合はどうなるのかについて正しく理解できていない人も珍しくありません。
もちろん延滞しないに越したことはないですか、万が一の事態に備えてどのようなことが起こるのかぐらいは知っておいて損はないです。

まず、カードローンの返済中にお金が足りなくなって期日までに支払えなくなると、延滞損害金と呼ばれるペナルティーを余分に支払うことになります。
どこでカードローンを組んでいるのかによって若干の違いは出ますが、大体は借りたお金の14から20パーセントほどになります。
一見すると大したことがないように感じる人もいるかもしれないのですが、カードローンを延滞すると厄介な点はこれ以外のところにあります。

お金が足りないからと言って再びカードローンを組もうとしても断られる可能性がありますし、信用情報に延滞したことがあると記録が残るのです。
そのため家や車を買うためにお金を借りようとしても審査が通らないといったことになるため、うっかり振り込むのを忘れたなどがないようにしておきたいものですし、もしも延滞してしまったら直ちに専用の振込用紙を持って支払いを済ませましょう。