クレジットカード現金化業者を摘発

クレジットカード現金化、そしてクレジットカードのキャッシング枠の現金化
という商法があります。

クレジットカードには現金を借りることが可能なキャッシング枠、そして
買い物に利用することが出来るショッピング枠というものがあります。

この中のショッピング枠を利用して商品を購入させて、その商品を買い取る
という目的で現金を渡すサービスになっています。

警視庁は現金化業者を事実上の金融業者とし、貸金業法や出資法違反で
2011年に摘発をしました。

ショッピング枠をカードローンの即日融資の目的のために利用させる商法というのは、
買い物を装ったお金の貸付であるということから、現金化業者を金融業者と
認定したものになります。

金融業者ならば、貸金業法に基づき登録をしなければなりません。
ですが現金化業者は貸金業の許可を受けてはいません。
つまり貸金業法に違反をしていることになります。

現金業者はホームページで「公安委員会の許可を受けている」と、合法的
なサービスであるということを宣伝しています。

ですが行員委員会は古物商の許可を与えているだけであり、中古品の売買を行う
ということだけを許しているのです。

クレジットカードのショッピング枠を現金化するという商法の許可もしていません。

クレジットカード現金化は違法行為となり業者が逮捕されていますが、利用する側
については問題があるのかという疑問があります。

実際、利用者が逮捕されたということは聞きませんが、法律上問題がないのかと
いえばそうではないのです。

横領や詐欺行為、自己破産手続き上の免責不許可事由にもなります。
またカード利用規約違反ということにもなるのです。